FC2ブログ

プロフィール

はるかん

Author:はるかん
母 ブログ主。ぐうたら、天然、おっちょこちょい。
趣味は編み物。特技は寝ること。

父 しっかり者。我が家唯一の常識人。マジでダイエットしないとやばいぞ!!そのお腹。。。

一姫(12歳)寂しがり屋。しっかり者と思わせておいて、肝心なところが抜けているのは母似??頼れる長女。

二太郎(10歳)わが道をひた走る、天然くん。姉と妹に挟まれ苦悩の日々??
三姫(6歳)我が家で一番の自由人。

母 2008年5月乳がん発覚!術前抗がん剤、手術、放射線を終え、現在ホルモン治療中。
訪問看護師として、新たな分野に挑戦中


最近の記事


カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー


FC2カウンター


月別アーカイブ


はなちゃんアナログ時計


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


予定されていた運動会残念ながら延期になりました

ま、昨日の時点で「絶対延期だよね~」とお母さんたちの間でささやかれていたので、今日の延期は想定内。なので、朝起きてもお弁当も作らずにいました

でも、明日はちゃんとやってもらわないと困るよー

明日の東京地方の天気、のち。運動会の間だけは降らないでね♪お願いしますね~雨雲さん
スポンサーサイト
明日は小学校の運動会です

でもね~、東京地方の天気予報ですね。日曜日も微妙な天気みたいだけど。。。平日開催になってしまうと、放射線治療があるから応援に行けなくなっちゃうんだけどなぁ~お願いだからになって~~~


そんなわけで、運動会前日の今日は運動会準備があるため午前授業でした。(実際は雨が降ってるから準備は明日の朝になったんだけどね)
母よりも早く帰宅した子供達は、それぞれ遊んでいました。

二太郎はお友達と、マンション内のキッズルームで遊んでいました。母がいないときはお友達を家に上げてはいけない約束なの。

その後、母が帰宅したことを確認した二太郎は、お友達を家に連れてきました。何の前触れも無く、いきなり。

すっかりくつろぎモードになっていた母。

最近五分刈りくらいまで髪が伸びてきたので、家ではズラも帽子もかぶらずにいます。

そんなところに突然友達を連れてきた二太郎。母もズラをかぶっていないことを忘れ笑顔でお出迎え(←アホ)

「髪の毛どうしたの?」

「えっっ。あ~~、う~~~~ん

「切ったの??」

「そう、切ったの。変かな??」

「ううん。変じゃないよ」

といったきり遊び始めた二人。二太郎もそんなやり取りを見ても、な~んにも気にしていないみたいだし。ちょっと拍子抜け

子供ってありのままを受け入れてくれるのね

おばちゃんちょっと嬉しかったよ。ありがとうT君

T君が帰宅後お母さんになんて報告するかはわかんないけどね~

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

ホルモン剤を飲み始めてから、両手の指のこわばりがあります。特に、朝。起きてすぐは箸も上手くもてないの。きっと、いや、絶対に副作用なんだろうなぁ~

それと、放射線治療10回目終了です

今日は放射線科の診察がありました。今までも週1回診察はあったんだけど
「まだなんともないよね~」で終わってました。

でも、今日は照射部分を見てもらって、ちゃんと診察してもらった気分。
実際にここ数日から右の胸がすこ~し赤みを帯びて来ている気が。。。

先生からも

「少し赤くなってるね。まだかゆみは無いですか?若い患者さんのほうが反応が早いんだよ」だそうです

それとね

「いつもお待たせして申し訳ないね」

「いえいえ、乳腺科に比べたら全然待ってるうちに入らないです」

「いや、毎日の事だから。大変でしょ」

そんなこと言ってくださる先生、とても素敵です。

母病院、先生も看護師さんも受付のお姉さん達もみなさん素敵な人ばかり。何気ない一言や、笑顔で気持ちがアップすることが多いです。
通院に時間がかかるし、乳腺科の待ち時間は長いけど。。。この病院にして良かったなぁ~と思うことが多いです

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

毎日の通院と子供たちの細々とした用事なんかに追われ、ゆっくりとパソコンの前に座る時間がありません
かぎコメさん、そんなわけで返信出来ないの…ごめんなさいm(__)m

放射線治療も一週間が過ぎました。台の上で技師さんに身体の向きを調節されるのにはなかなか慣れることが出来ないけど(最初に付けた印にキチンと合わせるの)、乳腺科のようにながーーーい待ち時間は無いので、それなりに快適に?通院してます
でね、毎日通院なので、定期券買いました。定期券もつなんて、高校生以来

放射線治療終了まで、残りあと1ヶ月
一姫のお話。

一姫、四年生。でも背は小さくて頑張っちゃえば、いや、がんばらなくとも三姫の幼稚園制服も着れちゃいます週末はパパと一緒にお風呂に入ってるし

でも、四年生ともなれば早い子は身体が大人になってくるそうです

で、先日一姫が

「○○ちゃん、もうおっぱいが大きくなってきたんだって今から大きくなっちゃったら、大人になったら大きくなりすぎちゃって大変だよね~もうさ、すごくなっちゃうよ

だそうです。

だとすると、某姉妹は幼稚園位から大きかったのかな
GW、母実家へ帰省してきました。1ヶ月前迄はそこで生活していたので、子供たちも何も違和感無く過ごしてきました。近所のお友達と遊んだり
帰りにはばぁばを車に乗せて来ました放射線治療に通うのにはやはりばぁばの力が必要なので。

GWが終わり、ばぁばに留守番をお願いしてそれぞれ通勤、通学、通園してます母も毎日通院してますよ~

そんな毎日ですが、乳ガン発覚から1年が過ぎました。

一年たった今も治療中ですが、自分の気持ちの中では乳ガンになってもあまり変わってないような…
毎朝の身支度に『かつらをつける』という厄介な作業が加わったけど、一年前と同じように時間が過ぎていってると思います。パパにも「なーんにも変わってないよぉ」と言われるし

ただ、子供たちはすごーくたくましくなったように思います。
この一年、パパはモスクワで母がいない日が数えきれないくらいあって不安な気持ちを持ったまま母実家で過ごしたし、母の病気のことも沢山心配してくれたし
そんな経験が子供たちを強く優しくしてくれたと思っています。もちろん、母の留守中に子供たちを温かく守ってくれたじぃじ、ばぁば、おばちゃんのおかげ

本当に周りのみんなに感謝の気持ちでいっぱい

ありがとう
引越し荷物と格闘する毎日ですが、病院通いもきちんとしてますよ~
その間、子供達の学校行事があったりしてなかなか忙しい毎日です


今日も、放射線治療に行ってきました。

といっても、実際に治療は始まっていないのでけどね。

治療が始まるまでに、3回(放射線科初診を含めると4回ね)通わなければならないのです。
放射線をあてる位置を決めるためにね。

手術用のベットみたいなものに横になって
「はい、力抜いてくださいね~」
「自分で体動かさないでくださいね~」

てな具合で、まさにまな板の鯉。

技師さんが、や黒のペンでなにやら線を描いていきます。

1回目は
「なぁ~んだ、印っていってもこの程度ね~」くらいしかなかったんだけど

2回目の今日は、本格的。なにやら、たくさんの線が胸の辺りに書かれてました
ついでに仕上げ。
「この線は消さないように気をつけてくださいね。次回まで間が開くのでコーティングしますね」と、線の上に怪しげな?スプレーをシュッシュとされました。

その後、今後の放射線治療の予約を、どどーんと30回分とって終了。
で、母病院。放射線治療に通っている患者さんの数、一日なんと170人なもんで、希望の時間には予約が取れなかったの。。。
さて困った。一姫と二太郎は留守番できるけど、問題は三姫。
ここは、ばぁばにSOSを出すしかないかなぁ~

一緒に入浴中、線が書かれた母を見て子供達
「お母さん、大丈夫??」手術後のときよりも心配してくれました。
三姫にいたっては
「やだ」といって近くに寄ってくることすらしてくれませんでした

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |