プロフィール

はるかん

Author:はるかん
母 ブログ主。ぐうたら、天然、おっちょこちょい。
趣味は編み物。特技は寝ること。

父 しっかり者。我が家唯一の常識人。マジでダイエットしないとやばいぞ!!そのお腹。。。

一姫(12歳)寂しがり屋。しっかり者と思わせておいて、肝心なところが抜けているのは母似??頼れる長女。

二太郎(10歳)わが道をひた走る、天然くん。姉と妹に挟まれ苦悩の日々??
三姫(6歳)我が家で一番の自由人。

母 2008年5月乳がん発覚!術前抗がん剤、手術、放射線を終え、現在ホルモン治療中。
訪問看護師として、新たな分野に挑戦中


最近の記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー


FC2カウンター


月別アーカイブ


はなちゃんアナログ時計


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年前から、我が家に家族が増えました。

tekken
ティフル。パピヨン、♂、13才です。よろしくね。

半年前、母実家から我が家にやってきました。
はるばる我が家まで来たのには理由がありまして・・・そう、震災の為なんです。

母実家、被災地なんです。原発20キロ圏内なんです。

以下は、ばぁばから聞いた話です。

あの日、3月11日。激しい揺れはあったけど、家族全員無事でした。家も、瓦がずれちゃったくらいで無事でした。
でも、地震直後から停電になってしまい、余震が続く中、真っ暗な家の中で一晩過ごしたそうです。
そして、翌朝6時。「避難勧告が出ているから、指定された避難所に行くように」と防災無線からの放送があったそうです。その時は、嫌な予感はあったものの、何が何だかわからずに、地域の集会所へ。そこで、近所の人や、親戚などの情報を集め
「やはり原発が危ないらしいということ。隣の市まで、町が用意したバスに乗り合わせて避難すること」
が分かりました。でも、町や県からはっきりと原発が危ないというアナウンスは無かったそうです。
しかし、どんなに待っても迎えのバスは来ない。そこで、地区長さんの判断で、その地区の人たちはお互い車に乗り合わせて避難することに。この時、ほとんどの人は2日もすれば戻ってこれると思い、家の鍵すらかけないで出てきたおばあちゃんもいたそうです。
そして、避難所へ向かう直前に、ばぁばが犬2匹も連れて行くことを思い立ち、急いで家まで引き返したそうです。
その後、避難所を何か所か回った後、隣の市の体育館に。でも、当然犬のいる場所なんてあるわけもなく、2匹は車の中で過ごしたそうです。


その後、ホテルが避難所となり、避難生活も長期化しそうなことから、1匹は我が家へ、もう1匹はボランティアさんに預かってもらうことに(もう1匹の方はセッターで大きいので、マンションな我が家では無理だったのです)
現在は、仮設住宅に入居し、そこはペットOKなのでセッター君はばぁば達と一緒にいます。
ティフルはこのまま、我が家の一員に。仮設で2匹は無理だもの。

我が家の子供たちはティフルが大好きで、毎日散歩に連れて行ってくれてかわいがっています。
ティフルも、我が家に慣れてきたようで、子供たちの姿を見ると嬉しそうに尻尾を振ったりしています。

被災地に取り残されたペットや、保護されたけど引き取り手のいないペットのニュースを見るたびに、胸が痛くなります。
この子たちも、あの時、ばぁばがとっさに思いつかなければ、どうなっていたか分かりません。

少しでも早く、1匹でも多くのペットが飼い主と一緒に住める日がやってくることを願っています。
スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

連れ出そうと言ったのは私だよ(`ε´)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。